それは感動の涙と言うよりはむしろ熱くたぎる生命   

アツい!!これはアツすぎる!
書きたい・・・もっと書きたい。!

この興奮が冷め遣らぬ内に、この体験を記してやりたい!!

だが、明日早いのでもう寝るよパトラッシュ・・・

「編集」という形で更新しますね。

とにかく、誕生日おめでとう書き込みやメールくれた人々には
ま、まぁわるいきはしませんお礼はいっておきます(ツンデレ強化月間)

まだまだ誕生日を喜ぶガキンチョですが今後ともよろしくお願いします。


編集後記

入場からおなじみkung-fu world championへ
あまりジャズというには激しすぎて最近敬遠しがちだったのだが、
CDと同じ演奏であることは100%無い所はジャズなのか

大盛り上がり

やはりライブは違うなあ。


何が違うってピアノを弾くHIROMI自身を「見ることができる」
というところだろう間違いなく。

しかしこの考え方はライブが終わった後で実感することになる。
なぜか、
「ピアノを弾く」という表現があまりにも
自分の想像からかけ離れていたのだから


これはまあ見ないと分からないけど・・・
とにかく、イマジナティブオーバーだったということだけで
充分ありえなさすぎさが表現できたと信じたい。

Love&Loughterで第1部は終了
この曲は最近難解になりつつある(笑)SPIRALの曲目の中で
自分的に最も「楽しく聴く事が出来る」曲である。

2部からも演奏のテンションは下がる事はない
表現の限界にせまるMusic for three piece orchestra
de'ja` vu→Reverce→Edgeの連続で
感動で意識を失いかける(笑)

そして「・・・時間が経つのは早いもので次で最後の曲です・・・」
Return of the kung-fu world champion
出たー!!

・・・しかしこの印象は後々かき消されてしまう・・・ニヤリ。


終わっちゃった・・・
終始笑顔を絶やさず弾きまくった2時間。
終始圧倒されっぱの2時間。
ピアノを弾くのが楽しくてたまらないとばかりの演奏だらけの2時間。
やっぱり最高の笑顔で一礼を見せ、舞台袖へ退いて行く・・・
全力まじまじと見せ付けられてはこちらも全力で拍手するしかないって!
でも・・・もうおしまいかあ・・・

あれ?

おやおや・・・この拍手は・・・?



アンコールだぁぁあ!!

いや、でもホール側にもいろいろあるだろうしねえ・・・
と、オレは考えていたがアンコール拍手はまるで
「お前はそれでいいのか?」と皮肉気に挑戦するように
鳴り響く。



「いいわけないだろ!」拍手決行!!!
・・・・


来たぁあ!!!!





Dancando



No




Paraiso





だあああ!!!



第一作Another Mindからオイラもお世話になってる最強アップチューンだ!
あのイントロ8音で精神ボルテージの針がRED ZONEから戻らない!
観客もHIROMI自身も最高を超えた最強のテンション!!
もちろんトニー(ベース)もマーティン(ドラム)もだ!!

中盤ドラムソロ直前で一度体力を使い切るという荒業!!
そしてドラムソロ中にストレッチ(笑)
そして再びピアノ入る!

ここでアカペラサークルの人間として言わせてもらうと、
ガッチリ合わせてピアノが戻れるこの息の合い様がうらやましい。

あとはもう・・・

表現・・・・


できねえよ・・・・!!



来た!!この曲はやっぱり来た!!!
久しぶりのマヒだ。「ゾクッとくる曲」だ!!

ついにこの曲で観客が
全員スタンディングのアプローズに入った。

ちなみにこの曲でオイラもついに立ち上がった!!!
手の感覚が無くなるまで拍手した。

・・・・大阪の人は欲張りらしい・・・



まだアンコールすっとね!!?(宮崎弁)


来たああ!!









X



Y




Z・・・!!!!



「もう後が無い!!」らしいと邪推しながらもこの曲は
総立ちで見た。もう座られずにいるものか!!
・・・・!!


割れんばかりの喝采。本当にアイツは
一流のピアニスト・・・だ。(ガクッ)

というわけでプライスレスな経験をしたわけですが、

あの境地を・・・
おなじみ私のlgc(humanbeatboxのオレ訳)で「狙う価値」はあると、
思ったんだ・・・!!



もう・・・立ち止まれない!!
[PR]

by takuyamudine | 2005-11-18 02:02 | 音楽メイン

<< 事実、だがあまりにも大きい 浮き浮き誕生日プレゼント >>