それは残念ながらお世辞やね   

学校からお送りします。こんにてゃ。mudineです。
いまだに口内炎は治る気配をちらつかせようともしてくれません。
○せ!!いっそ○せぇぇええ!!!

口内炎レポート。

口内炎の発生により、唾液の分泌量が
健常時の1.8倍増しになってしまうため、パーカス中に必ず
唾液を飲み込まなければならないのだー。
そして唾液の嚥下には一拍分の時間が必要だ。
16ビートの1で口内の唾液をすべて飲み込む力がほしい。

結論。何事もほどほどに。だネ☆
○にたい。いっそ○にたいぃぃぃいー。

さて、前置きはここまでにしておいて、
昨日は愛機のi AudioM3がメンテナンスから帰ってきました。
早速今日から再びmu-ヘッドホン-dineです。
もう少し詳しく検証しているサイトがあるみたいだから、上手に
使っていこうと思っております。
というわけで、ヨドバシから十三まで歩きました。
ぜんぜん遠くなかったよ。
こうして少しずつ大江戸計画が進行するわけです。
目標は大きく、六甲までチャリで!


こんなタイトルではありますが、ある方の某mixiの日記に寄せられた
コメントがその人の人間関係の垣根を越えてみんな口をそろえて
「それは残念ながらお世辞やね」だったことに感動と爆笑と
敬意を表して引用させていただく次第です。

オイラからそれがお世辞だったかどうかは判断しかねますが(笑)
ま、ま、謙虚に謙虚に。

タイトル負け(タイトルだけで読もうと思うこと)したひとは
「ぁちゃあ~↓」
みたいなコメントでも残していってください。
生きる糧にします。

それでは体験会がんばろー。
ふふふ・・・
[PR]

by takuyamudine | 2006-04-24 11:34 | いつもの日記

<< 今日のバトンさん メガネと左手。 >>