ほろ酔え!酔○伝―そしてNEXT―   

荒井チェリーって誰だよ?mudineです。
2日分の興奮を語る前に、「三者三」について紹介してみる。

要するに、主人公格となる女子高生3人の日常的4コマギャグです。
3人とも名前のどこかに「葉」がついているため、こんなタイトルです。
スゴイ面白さが「適度」。絶妙。また、下ネタ、狙いすぎの萌えなど
一切ないので、初心者にもあっさり読める一品。語りすぎや。

読んでみたい方は貸しますよ

それじゃ本題にいこか~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何か?






















まずは



サークルライブ委員、


及び出演者の皆さん。


本当にお疲れ様でした!




という訳で、サークルライブかまして来ました。
細かい出来の方は置いておくとして(ぇ
自由に動けたし、結構見せられたし、MCもややウケだったし。
Zy(R)としては「良」の部類に入るのではないでしょうか。
てかね。
他のバンドが上手くてやばすぎるんですが。
敬愛してやまない馬刺し軍の貫禄が大きいです。
だってDNAだし。デュークさんのダークホース〔馬刺しだけに〕っぷりが
頭角を現しはじめましたね~☆

あと、やはりrhapsody?
we're fiveはかましてくれましたね。涙モノです。

ステージを見れないってのは残念だったけど、
本当にスムーズに進行できたのは、まさにサークル委員の
苦労&努力の賜物です(断言)。ほろ酔いです。

終わったあとのありがとうございましたあいさつの時が
実は一番ライブやって嬉しいと思えるところです。
いろんな人が、先輩が後輩が(少ないけど)そして同期が、
来てくれたことに心から感謝できる瞬間です。

ゆ○いちさん。オイラ先輩じゃないってー(泣)


あと、終わったあとの飲み会前でのイプ
「ハイ、リハーサル長かったですねw」
がバカウケだったオイラ。そうだ!飲み会こそ本番だ!!

(以下検閲)
宴ですねありゃ。
まさに会場は戦場。スパゲッティーの奪い合い。
こっそりくるみさんには今年やってみたいユメを語りました。

臼井家に泊まらせていただきました。
ブルースブラザーズ見ようぜ~って言ったけど、
先に寝たのはオイラだった。アホか。






そ~して、
2日目。
VOICESストリート。
アサイチで歌うvio!!!!キミたちは鬼か。

しかしな。
そのストで改めてそのすごさを再確認してしまったバンドがある。






P  F


パーマネントフィッシュ。
むしろ解ってきたというのでしょうか、バラードが余り
好物ではないオイラも「街」のすごさが解ってきました。
もちろんアゲアゲの曲も感動した。
だって、GET READYあの速さで基本ビートに16分いれないでしょ
KAZZさん!
あと、MAS QUE NADAが話にならないくらいカッチョいい。
こういうラテン系の曲やりたいって思ってるので、参考になりました。

ほんで、ぼちぼち帰って淋しくメシ食ってmixi見て、マンガでも読むか~
って思っていた矢先に「飲み会に来い」と赤紙が発令されました。
まつ中尉!小生は資金が不足しているであります!

でも行きました。

ガーナはえいぶさん、もっすんさん、もんちさん、はたぼー、そしてオイラ。
のみ。
なかなか難易度の高い飲み会でした。・・・・が。
PFの方も飲み会に登場ーーーっッッ!!!?

ビール一本持たされて「お前あのテーブル行ってこい」とは本林さん。
絡みに行くという行動が基本的に苦手なオイラなのですが、背中を
押していただいたわけですね。
というわけで、引っ込み思案に「ず、Zy(R)のパーカスやってます・・・」

って言ったら、大歓声が!!!!!!!
そんなに有名なん!?オレ達!?
感動の余り一気に涙腺が緩みそうに。
ソウルメイトの方々やインジールカーンの方々。ありがとう!
いい感じでテンションがあがりました。
ソウルメイトのまよちゃんとは「食べたいズ」を結成しwww、
料理の消失に一役買っていましたが、必要以上に食べてたのは
オイラだけでした(爆)

そしてそっくりで有名とクレクレでもっぱらの噂の
リアリズムの伊藤さんと写メをとらせて貰いました。
苦笑の二人。勝手にテンション上がる周囲www
いいね。

ゆっくり起きて、ゆっくりシャワー浴びて、
そういえば、「夫婦な生活」ってゆーほのぼのな4コママンガあるんだけど、
ソレ読みながら、beatboxやってて、

なんてアンバランスなんだ。


と自覚した矢先にこの日記が記し終わる事を記念して、
大事な5/3の記録の筆を置きたいと思います。
お付き合いありがとうございまし(以下略)



え~~?(><)
[PR]

by takuyamudine | 2006-05-05 16:41 | 音楽メイン

<< 背景の物語が与える楽曲への影響... さて、と。 >>