Innocent Walls   

きのうはとっても素敵ないちにちでした。

あっちのオゴリでしこたま飲んで、
ふらふらになりながら帰る翌朝。

あぢい!
こんなときは・・・先日TSUTAYAで借りた
PUSHIMのMIXCDに限る!
いやー夏はレゲエだネ!
なぜか懐かしさを感じるのはおれだけでいい。
途中で、おれが1回のとき4回だったColorsを
おっかけてもうおれが4回なんだなぁ。って思いました。
おっかけられてるかなぁ。
本気で上手くなりたい人に対する背中になれてるのかなぁ。

とか真面目なコト考えてねえでレゲエはレゲエで楽しみましょう。
さすが、というか今更というかホント惚れる声ぶっ放しますね。
PUSHIMはー。

帰ってお風呂に直行しました。
じっくり入りました!40分くらい!
あっついお湯のシャワーと水風呂で。
汗を洗い流して、クーラーの効かせておいた部屋で
アイス喰いながらストレッチ。
最強の贅沢です。

ということでイベントに向かうため、
チャリに乗り込み、江坂までひとっぱしりです。
こんときはJazztronik聴きました。
夏はジャズトロっすよ!
道行く人やクルマがいい感じに音楽にシンクロして
PVにいるようでした。至福。

ほんで5分遅刻して到着。
灼熱と火傷と熱射病のリスクを抱えながら
ライブを敢行してらっしゃいました。
輝く汗!(挨拶)

Voicesイベント企画してくれた方
おつかれっす。
しかしいいステージでしたありがとうっす。
音響もバッチリで泣きそうです!


音楽と演奏について申し上げますと
今回は様々な試みをしてみますた。

究極の目的:自分らが曲から感じているもの
(ボイパだけで言えばノリ、リズムが主。
たまに曲の感情とかもあるけど)

お客さんにも感じて貰う。

とにかく高いパーセンテージで伝わるには
はてどーしたもんか・・・
↑トップダンディ

とにかく会場に来てくれたみなさんと
分かりやすくシンクロするには
はてどーしたもんか・・・
↑モノトーン

ビビと話こんだり、ハゲタカみたり、
まつさんと話をしているうちに、
見えてきました。


でっかい壁が・・・・・OTL

見つけたくなかったよう。
壁に罪はありませんが、恨み言の
ひとつでもいってやりたいものです。
なぜ現れやがった・・・!!

ボイパそのものに関しては今、
「いい感じ期」に入ってるような心持ちでして、
どっちかってぇとステージでの状態や
実行力に関わってくるのかなぁ。と思うと、

何を感じてて何を表現したいのか
ビックリするほど分かるパーカスはいますね。
体が動いちまいます。
上手いだけではない実行力があるんすよねー。


↑で、こんなの同業(Perc.)が過剰反応してるだけやないか?
と言われるとすごい悲しいものがあります。
きっとパーカスをたしなまない人にも、
アカペラをたしなまない人にも、何かの+として
受け取ってもらえると思うんだけどなぁー。
特に興味なかった人が興味をもってもらえると
爆発的にうれしいもんだ。

しかし前提的に「上手すぎる」という条件があるので
まずは上手すぎよう。

と、長すぎたところで暑い中来てくれたかた
ありがとうございます!

お礼っちゃあなんですが、
神動画をあげておきます
シンプルながらRahzel。最近聴きなおしてます。
Iymokはあんま好きじゃないのだけどw
彼のパワフルさは何もパワー入れてないのに
パワフル、ってところにあると思います。
[PR]

by takuyamudine | 2008-07-27 12:20 | 音楽メイン

<< ところで。 隣更新しました。 >>