イベントを育てる。   

って言ってた。
おはようございます。

昨晩はSITE KOBEにてライブを見てきました。
ドアあけたら薄暗くて、ぽつんと
小高いテーブルとアロマキャンドルらしきものが点在してて、
ステージではアコギを弾き、歌を歌う人がいて、
左手には楽しそうに絵を描く店長さんブースが。
右手には懸命に靴を作る職人さんブースが。
なんだこの空間はー……!

音楽の種類はバンド毎にカラーが全然違いました
後半戦になるにつれてアングラ色がwww
最後は正真正銘のサイケデリック(演る人が)で
初めて生で見れたのはまぁ嬉しかったのだ。
でもサイケデリックオンリーなイベントに行ったら
間違いなく精神汚染され切って帰って来る自信がある。


時間が飛んでライブが終わり、
店長さんとしゃべってて(知り合いが店長さんしかいない)
「こーいうイベントはまだ駆け出しなんだけど育っていけばいいなぁ」
って言うもんだから、
だけどこのイベントがそのまま育つと
そのうち出店でたこやきとか焼きそばとかこさえはじめて
絵は描くし、靴はつくるし、歌は歌うし、映像は流れるし
くじは引くし、金魚すくうし、焼き鳥は焼くし、で
気づいたらお祭りみたいな状況になってそうです。
ちょっとFuture風味。

あと必要なのは踊らにゃソンソンというコンセプトを持つ
同じアホでしょうか。

ところで
quasimode(クオシモード)っていうクラブジャズ
のバンドのCDをタワレコで試聴してカッコよかったので
TSUTAYAで借りました。哀れタワレコ。許せタワレコ。
ガチスイングの曲あんまりないけど、いいヨ!

The Brand New HeaviesのTrunk Funkっていう
アルバム借りちゃったんですよ。どこのどのバンドの影響とは
言いませんが。ゆーあーだ、ゆにヴぁー!
そんでClose to youっていう
聴きなれたタイトルの聴きなれない曲が面白くて、
途中でリズムがほんのわずかに変化するんですが、
具体的に言うと8ビートっぽい(実質16ビート)
のが16ビートらしさ15%増しみたいな感じなんですけど、
(スネアの位置とかは変化してない)
ノリが全然違ってて、楽器ってすげえなぁ。
って思いました。

こういう表現「バンドで」出来るようになりたいです。
[PR]

by takuyamudine | 2008-10-19 05:30 | 音楽メイン

<< ちくしょう……ミロが美味すぎる 侍。 >>