<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧   

びんづめSOS   

アカペラがしたいよう。
歌いたいよう。
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-28 08:01

ふと京都。   

行ったんすよ。先日。

もちろんライブ見になんですが、
最近耳さびしかったんで、クレクレとか
聴くかー的なノリで見に行ったら
こりゃまたお久しぶりーな方々が!

ライブ来るとは珍しい(笑)と思いながらも
再会をありがとう。でした。
行ってみるもんだ京都。


ほんで8月も半ばを過ぎた昨日、
おしいれでもいじくってやるかって思って、
おしいれをいじくってたら
夏服ごっそり出てきました。
夏はこれからです。

そして今日から行方不明。
じゃあね。ばいばい。
あんまり探さないでください。
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-17 06:42 | 音楽メイン

究極!ボイパとビートボックスってどう違うの!?   

むっちゃ頭をこねくり回して考えていたんですが、
資料を作るためにネットサーフィンしていたら、
いいのが見つかってしまいました。




うーーーーーーーーーーん………



さすがは北村嘉一郎さん!


歌ありき、ビートありき、っていうわけ方はキライだったけど、
結局のところどうお客さんをノらせるか!っていうプレイスタイルに
ビートボックスとボイパの差って認識していけばどっちも
おいしく楽しめるんじゃないでしょうか。

資料作成中にRockapellaのJeffと
Wes Carrolのページ見て、
Vocal Percassionっていうパート名
そしてそれを行使することを
Mouth Drummingって表現していたのが
共通していたのでそれが文法上理解されてるんすかね。

Vox OneはVocal Drumsということでちょっと違う表現してます。
Naturally7はやっぱりDrum & Percassion
口から出しているっていうコンセプトなどないようです(笑)

ちなみに持論を放つと
ビートボックスには展開上で同じ音の強弱を分ける
という感覚を確認していません。

そもそも展開っていう感覚が違うのもあるだろうけど。
そういう側面から考えると元パクトのJakeやToxic Audio
のPaulなんかはHumanBeatboxって言うのもうなずけるかも。
展開による変化は音色を替えることで表現する!と。

常にガシガシ乗らせるか、展開上の高揚感を味わうか、

あーーん、どっちも好き><
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-16 14:45 | 音楽メイン

ヒップホップイベントにて。   

ヒップホップイベントを見てきました。
そのおかげでいろいろ変わりました。
主に生活習慣が的な意味で。


その一部始終を今回は皆さんにお届けせんと欲す。
なにしろmudine行方不明まであと2日。

コトの発端はこれだよ。

実はビートボックス、MC、ラップが好きなヤツらが
上手いヘタを問わず梅田に集まり、何かを囲む集会
これを用語でさいふぁーって言うんだけども、
それのmixiコミュニティに参加しているのでござる。

しかし、もちろんワタクシはアカペラサークルに籍を置く身、
土曜の夜なんてなっかなか空きやしないので
幽霊部員っぷりを発揮している。

という目に見える存在なのかどうかもわからないけれども
メールは来たのだ。
ライブをするので来てください。って。

ゼロからの境遇でオールナイトでクラブ借り切って
ライブをするとはまたこれはいかなるご縁であろうか。
と感動したワタクシは当日オープン1時間前まで
決定を渋っていたのであった。

まぁ結局行ったんだけど。

ビートボックスバトルはトーナメント形式。
面白かった反面、ちょっと理想が過ぎていたようで、
やはりライブだと思ってるコトって全部出来ないんだナァ
って思いました。自分そこなんとかせな!
あと、1分という制限時間は必要だけどそれだけに
自分のパフォーマンスを締めるきっかけを失してしまってて、
(準備してくると)展開とキメだけが命取りの自分としては
出演しなくて良かったーーー><感が
満載です。

優勝した人のパフォーマンスは
やはり体力とイカツさがほんまもんでした。
キック一発でマイクいかれるってどんだけー
機材は大事に!


対抗して、
あんまり聞かなかったけど(バーでのんびりしてた。)
MCライブはさすがのヒップホップ振りでした。
あんな立ち振る舞い憧れちゃうワ。

でも、こういう場でも結局ウケるのは
しっかりリズムにノるっていう感覚を楽しんでるヤツら
だけでした。こういうのは当然評価には出ない、
出てはいけないところなんだけども、
プレイヤーならば絶対忘れちゃいけないノヨね。
再確認。

評価に出るところはもちろんシャベリの具合でしたり、
お客さんへの訴え方だったり。

選曲、曲作り……は結構どうでもいいみたいだった。
思っているほどお客さんは気にしてなかったんですが、
JazzFunkっぽいトラックが流れたとき
ひとりテンションあがってました。

……おれだけ!?

お客さんもやる側も正直なイベントでした。
良くも悪くも。
いい所だけ持って帰ろうと思います。

あと主催はクソお疲れ様です。
どんなイベントであろうと
この客数と規模まで持っていったコト自体には
善悪などありません。ただ尊敬。

ほんでね。オールナイトイベントだったから
朝っぱらに帰ってきたわけなんだけど、
そのいちにちが夕方以降の記憶がなくて、
今朝さっぱり目が覚めたら5:00でした。

ほんで朝ご飯とか昼ごはんとか掃除とか
洗濯とかしてるんだけど、まさか
生活習慣が一周して良くなってしまうとは……
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-15 16:30 | 音楽メイン

ひろしま。   

関西の学生アカペラの場を活性化させんと目論む団体
VOICESに潜入して、お好み焼きの国広島へと
到達しました。

今は、帰ってきて風呂入って、ミーティング行って、
ボイパ講座して、のんびりして帰宅して、
アルカナハート2の設定集を読んでニヤニヤしてるところです。

だいたい30時間のタイムラグがあります。

ストリートということでステージはクソが何個ついても
足りないくらい暑く、冷静さなどなかなか保ってられない
ワタクシは終始ころびっぱなしでした。
トップダンディは涙ものです。

モノトーンでは同じミスを繰り返すという
惰弱な醜態を晒してしまい、このまま広島の灰と散るのも
悪くないかな。と思っていましたが、
いぐちくんとのミニ四駆企画がまだだったので恥ずかしながら
生き永らえてきました。

というかアレもこれも来る途中で舌噛んだから(しかもキズが残る)
と責任転嫁をしつつ、思い上がった根性を少し
叩きなおしながら次のステージに向かいたいと思います。

いやーしかし楽しかったよ。
広島もアツい方々ばかりでした。
ボイパに関してはしゃーないっちゃあしゃーないけど
まだまだ荒が多かった。
しっかし、あの情報飢餓(笑)っぷりからしたら、
上達なんぞあっと言う間でせうね。
ふっふっふっふ。楽しみー☆
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-13 13:52 | 音楽メイン

お手持ちのmp3プレイヤーでシンガーさんを聞く方法。   

ちょっとちょっと聞いて下さいよ。

やっとシンガーさんの周辺技術が
板についてきました。インスピは先端をいってる
イメージがあるんですが、足元には及ぶように
なったのでしょうか。


こっそり公開しておきます。
1、シンガーさんをmidiで保存する。
↑これは名前をつけてファイルを保存
って項目で形式をmidiにして名前の拡張子を
midiって書き換えちまえばおk

これによってシンガーさんのバージョン関係無く、
楽譜が表示できるようになります。
なんて画期的なシステムなんだmidi.

2、midiをwavに変換する。

ここまでくればもうチェックメイト!

3、必殺午後のこーだ
このソフトのwav→mp3変換(エンコードと言うらしい。)
の簡単さはヤバイです。
ほい、ほい、ほい。で出来ます。

ここまでようやく一本道がつながりました。
2年前から模索していたwww
それもこれもmidi形式の存在のおかげです。
ありがとう関わってくれた人!
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-11 04:38 | 音楽メイン

サマーライブ2コ   

おはようございます・・・(小声)

今日は親にナイショで広島へ行くので、
早起きして準備です。

その前に目覚まし日記。

サマーライブ2つ行って来ました。
関大はブルックリン、
立命はソングジェニックス
の2サークル連日スケジュールです。

関大はサークルライブ3回目
ソングジェニックスに至っては、
今回で8回のサークルライブ歴中6回目です。

そろそろギネスに(殴)

ブルックリンはネタバンドが面白かったです。
結局ステージに対する意識が自然に高いレベルに
あるのかもwwこの調子だぜ。
はる☆かぜメンバーはこれを見に行くべきだった。

ソンジェニもネタバンドが面白かったです。
なんで歌まで上手いんだwwwww
はる☆かぜメンバーはこれも見に行くべきだった。

ランカは元気よくAin't No Mountain~を歌っていたが、
おれのパンフレットにはまじまじと
Let No Man Put Asunderと記してあった。
”No M”が共通してるのでつい間違えたのだろうか。
でもNo Mounrain聴けて楽しかったのだー。

とっくんは見るたびに前かがみになってる気が。
前かがみになればなるほど
逆にリズムはつんのめらないのか。
ここに新たなボイパの流派が誕生した。

落歌生という名の男Jpopバンドがいました。
ガチウマい!
ってわけじゃないけど、なんか心震える何かを
残して行きやがりました。
ニクイーー!(誉め言葉)
ナキムシの歌にあんなに感動するとは。


どちらのライブも惜しむらくは映像の進行が
上手くいってなかったこと。残念(><)
不足の事態に対処するための練習は
進行や企画班そのものでも必要そうだ。

でも、これだからこそサークルライブ巡りは
やめられないネ。
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-11 04:22 | 音楽メイン

隣更新しました02   

クソアツい中クーラーもかけずに
録音してたんですが、(今回は多重ではなく)

ショートした脳みそが叩きだした今夏もっとも
ホットなビート(暫定)はコレだー。
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-07 23:41 | 音楽メイン

ライブ製作日誌5日目。クレフに行く。   

そして今日はお昼から京都は衣笠、Clefの
ミーティングにオジャマしました。オジャマ時間
わずか20分。

移動所要時間を完全に甘くみてました(爆)

乗り換えとか実は苦手なんじゃなかろうか自分。

D-beats!の主催ライブの宣伝に行ったーってのは
先刻の通り承知の上だと思いますが、それを前提で
クレフに行ってきた。ってえのは結構利点があり、
ちょっと申し訳ない点もあり。

D-beats!が問題だらけのカオスなバンドで、
実はバンドですらないことをどのサークルよりも
身をもって実感しているのはクレフのみなさんです。
毎年交流ライブでお騒がせしています。


申し訳ない点はそんなお世話になっているクレフから
対バンを呼べなかったことです。
ということで宣伝に行ってきたのです。
いったいどーいう理屈だ。頭がおかしくなったか。
いや、自分の中では整合性がとれてるはずなんだが・・・・・・

とにかくもてなしていただいた方々ありがとうございます。

いったいどういう考えからライブを企画しようと思うのかも
まとめてみたほうがいいかもね。

なべ君がパーカス講座を企画しているということで、
パーカス講座を控えたおいらもちょちょっと話してみたり。
面白い話が聞けたのでどういう講座になるのかは
お楽しみー。

そしてボイパにアツそうな1回生の方々も多い様で楽しみー。
是非オイラの主催ライブにくれば、様々なボイパを楽しめるよ!w
うん。宣伝のお手本だ(笑)

帰りはココットっていう隠れ家的定食屋でブランチ(笑)
としゃれこんでいたんですが、
Riccaの皆さん±αの方々が来てびっくりでした。
気になるライブの予定等の情報を交換したり、
現地トークをするなど、クレフのコトを沢山おしえてもらいました。
賢さが+1された!

問題になっているようなこともたまに教えてもらいます。
ぼかぁ模範解答しか言えませんが、何かのお力になれる様、
経験と理論とその場のノリで頑張ります。

言い忘れてた。
Riccaとは関わりがあんまり無い様に思われますが、
ぼくもブリーチは愛読していますので、話はガンガン
できますよww

これでひとまず、宣伝活動はおしまい。
もうひと製作に入らないとイケナイネ。
そろそろお隣も更新したい気分。

レッツ渡来。
神動画おいときます。
先日も出たBeardymanの激短い
セッション。
センスあふれだしすぎているー><
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-07 22:51 | 音楽メイン

HPを新調した話。してない話。   

一日おいて今日も京都へ。

その前にそのおいた一日について。

トップダンディの練習でした。
そう、このブログを見始めた方にもう一度説明すると、
トップダンディとはアカペラサークルで組んでる
野郎6人のバンドなのだ。本拠地は神戸なのだ。

なにが言いたいのかというと、
HPを新調しました。バシバシ遊びに来てください!
作成者はリーダーのたくじ氏です!

メンバーの詳しいディテールと、
なぜかConversationに向かう意気込みがわかります。
技術ってすげえね。

あと、やっぱり自分のことで恐縮ですが
自分のマイクの持ち方のクセがわかります。
基本的にマイクを持つ手のひらが前になる
持ち方をするようです。
でもしっくりきます。



全然関係ないんですけど、HPの話が出たので
宣伝します。
D-beats!主催ライブです。
a capella & beatbox live
beatonic nation's Day

@KINGS CROSS
Ticket:1000yen(+1drink)
open 15:00
start 16:00

出演
正宗
PHEW PHEW SΦUL
POKER
Under-Construction
one for the jazz
dynamo
D-beats!

くじ引きします。持ってる方はフライヤーを
持参することが義務づけられます。

様々な事情でフライヤー貰えない人は上記リンクD-beats!
のHPから予約して事情を話せばおっけーにします。
ほんとにやむを得ないのか審査はしますww
[PR]

by takuyamudine | 2008-08-07 22:31 | いつもの日記